辛子明太子(からしめんたいこ)・海産物の製造・卸を行っている福岡県北九州市の【北洋海産株式会社】です。

会社案内



北洋海産株式会社


商号 北洋海産株式会社
代表者

取締役会長  平田 信義

代表取締役  平田  寛

所在地

【本社・工場 】

〒809-0003
福岡県中間市上底井野408番地10

電話:093-244-2181 FAX:093-245-0756

■インターネット上からのお問い合わせはお問い合わせフォームをご利用ください。

■工場・生産設備については生産設備のページをご覧ください。

創業
1957年(昭和32年)4月 「平田」商店として発足
設立 1973年(昭和48年)4月
資本金 3,000万円
年商 約13億円
従業員数
50名
主要取引先

株式会社 たらこ一番本舗
株式会社 平塚明太子専門店
株式会社 サニー
株式会社 マツモト
株式会社 タイヨー
マリンフーズ株式会社
株式会社 丸久
株式会社 セイミヤ
株式会社 ダイエー 他

取引銀行

西日本銀行中間支店
山口銀行八幡南支店
西京銀行八幡支店
みずほ銀行北九州支店
福岡銀行黒崎支店
商工中金北九州支店



沿革


1957年
(昭和32年)
塩干小売業として「平田商店」を創業
1965年
(昭和40年)
日本水産よりスケソウタラのすり身の副産物 = たらこの開発依頼を受ける
1967年
(昭和42年)
日本で最初に冷凍スケソウタラ卵からの「辛子明太子」加工に成功。
1973年
(昭和48年)
北洋海産株式会社を設立。
1981年
(昭和56年)

株式会社たらこ一番本舗を設立し、直営FCの辛子明太子小売店を展開。

1992年
(平成4年)
ボリショイカホーメニ(ロシア)工場において一時加工開始
1994年
(平成6年)
辛子明太子・食品の販売会社「株式会社ホクヨウ」を設立
1995年
(平成7年)
ボリショイカホーメニ(ロシア)工場加工終了
1996年
(平成8年)
海上工場(7000t加工船)で、一時加工を行い、原卵の鮮度保持と供給量の確保に着手
1999年
(平成11年)
福岡県中間市上底井野に新工場設
本社機能も移転して、生産物流機能を集約・設備
2001年
(平成13年)
下水処理プラントを増設
2007年
(平成19年)
(株)ホクヨウを解散し辛子明太子部門を引き継ぐ


北洋海産の歴史


1957年(昭和32年)、福岡県八幡市黒崎中央市場に平田商店は、塩干商品を中心に小売業をスタート。取引先としては、日本水産をはじめ、年々その販売網を拡大してまいりました。またスケトウタラを原料とするすり身加工業の拡大に伴い、その卵巣で新商品の開発を依頼され、本格的に「辛子明太子」の商品開発に着手。「たらこ一番」の名称にて売り出しました。

スケトウタラの漁の大型母船1965年(昭和40年)頃、スケトウタラのすり身の船上加工の副産物として、冷凍スケトウタラの卵が発生。当社の独自の技術開発力で日本で最初に、冷凍スケトウタラの卵から辛子明太子の製品化に成功いたしました。また、当社ならではの辛子明太子のノウハウに大手水産会社が着目し、卵のサンプルを依頼されるなど、業界内で北洋海産の知名度は年々高まってきました。

1973年(昭和48年)、福岡県中間市に北洋海産株式会社として法人化。冷凍真子が市場に受け入れられ、同時に規格外の大型真子を包丁で食べやすい大きさにカット、トレーパックにて『切れ子』の名称で量販店に大量出荷し、業界の常識を打ち破るヒット商品となり、価格も極端に安価だったこともあり、市場を席巻しました。

1979年(昭和54年)、北九州八幡西区に本城工場を設立し、供給対応の体制を作りました。一方で九州の明太子業界も博多の名産品として知名度が全国的に浸透、販売網を徐々に拡大して行きます。しかし北洋海産は、「スケトウタラは自然の資源。売り上げや利益のために量を追っては枯渇の恐れがある」として不要な拡大のみを図らず、むしろ切れ子など味の良い大衆的な商品を寄り多くの消費者に供給する一方、ギフト市場にも参入。贈答品をメインとしたアンテナショップとして「たらこ一番本舗」を九州一円に15店舗チェーン化しています。

1991年(平成3年)、ロシア・ボリショイカーメニイ一次加工工場を設立し原料の安定供給への道を確保(平成7年閉鎖)。また平成を迎え、明太子業界各社が生産性の効率化と利潤追求のために中国工場設立に奔放しました時期にも「原料の品質・鮮度・安全・安心が第一」を基本に、1999年(平成11年)6月、新工場を福岡県中間市に新設。北洋海産株式会社は常に時代のニーズを先取りした食品メーカーとして前進し続けていきます。


経営理念


私たちは、人間性を第一に義理を尊び、すべての人・物にやさしさをもって接します。

行動は正直にして、いつも若々しい青年の心で見つめ、独創的な企画を立案できるように精進します。

そしてすばらしい人々との出会いを大切にして、すばらしい人生を勝ち取るために努力します。


北洋海産株式会社の経営理念


■サイトマップ(このサイトの内容一覧)